本サービスに関するお問い合わせは
下記フォームをご利用ください。

Post-form callout text

 

UL Japan、日本初Qi EPP: Extended Power Profile (5~15W)への対応を開始

スマートフォンを中心に普及が進んでいる無線給電。その主要規格であるQi規格を使用する製品は、規格策定を行っているWireless Power Consortium (WPC)によるQi認証が必須となります。Qi認証にはWPC認定試験所での試験が必要です。UL Japanは国内で唯一WPCによる認定を受けた試験所として、Qiマークの「認証試験」および「認証サービス」を提供しています。

この度UL Japanでは、更なる普及が期待されるQi製品に対し、国内唯一の認定試験所として市場ニーズへ応えるべくQi EPP: Extended Power Profile (5~15W)への認証サービスを開始する運びとなりました。このサービス拡充により、以前から行っていた5Wの認証サービスに加え、最大15Wまでの対応が可能となります。Qi EPPサービスの開始時期は5月の初旬を予定しております。現在UL Japanは国内で唯一Qi EPP対応ができる試験所です。
 
ULをご利用いただくメリット
Qi認証を国内試験所で行えますので、
  • 日本語対応窓口
  • サンプル運送コスト削減
などのメリットがございます。
また、弊社ではQi認証サービスの他、日本電波法および海外電波法への対応も行っており、ワンストップでの各種規制対応が可能です。

展示会でのサービス案内
Qi EPP対応に関するさらなる情報については5月23日から25日に東京ビッグサイトで行われる展示会ワイヤレスジャパン 2018においてご案内する予定です。
サービスの詳細は弊社ブースにて是非お問い合わせください。展示会情報の詳細はこちらよりご確認ください。

またサービスに関するお問い合わせは右のフォームからでも可能です。いただいた問い合わせについては、弊社の担当よりご回答致します。
 

  • Bullet 1
  • Bullet 2
Callout Box