【オンデマンドセミナー】信頼性試験サービス紹介

Post-form call-out, 6 words max recommended

近年、センサやカメラ等の自動車搭載電子部品の増加に伴い、信頼性試験の重要性が高まっています。国際規格や国内外自動車メーカー独自規格などで要求される車載部品の信頼性、寿命・耐久性に関する各種試験について解説します。

(無料|再生時間: 約25分)

信頼性評価試験の市場が増加傾向にある背景は、近年、電動化や電子化が進展したことによる部品の増加とそれに伴う試験自体の増加が挙げられています。また、樹脂材料や複合材料といった新たな素材採用の動きが増えていることも、試験増加の要因です。


特にこの中でも需要が伸びているとされているカーエレクトロニクス部品は、温度・湿度変化、振動、熱、水や埃など厳しい環境下に晒されることから、正しく作動するかどうかを様々な環境下で試験する必要があります。新しい部品の採用によって、部品点数が多くなれば、試験項目も増えるという状況です。


また、試験を実施する自動車メーカーや部品メーカー、素材メーカーでは、増加する部品や新たな材料それぞれに対応する最新の試験設備を自社内で、そのつど整備するには投資費用が大きな負担になることから、外部の試験所へ信頼性評価試験を発注するケースが増えております。


こうした状況を踏まえて、弊社では、専門的で先進的な試験設備を整備・増強し、新たな試験需要に対応しております。



対象者:
・車載部品の信頼性試験を担当されている方
・これから信頼性試験を検討されている方
・社外試験所の利用を検討されている方


内容:  
  1. 市場背景
  2. 試験概要
  3. 試験所品質


* 本コンテンツの知的所有権はULにあります。無断での転用配布は禁止されています。
* 同業者様によるお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。
* 本コンテンツは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。
* 本コンテンツの運営及び内容に関するお問合せは、こちらからお問合せください。

Small header, 6 words or less recommended

General single column text area spanning width of page with 500-character count sample length. Text may contain bullets, numbered lists, text links. Here is a great place to use our messaging framework. UL applies science and objective authority to help people navigate market risk and complexity, and advance the responsible development, production, marketing, and use of the world’s products and innovations.


  • Enhance sustainability
  • Build workplace excellence
  • Protect brand reputation
  • Advance societal well-being
  • Deliver quality and performance
  • Confirm conformance
  • Demonstrate safety
  • Manage transparency
  • Strengthen security
Feature call-out box text, 10 words/80 characters recommended