【オンデマンドセミナー】初めての日本電波法認証

Post-form call-out, 6 words max recommended

日本電波法認証における要求事項や手続きについて基礎からご説明いたします。

(無料 | 動画:約33分)

日本では無線製品に対して電波法で規制されております。製造者・輸入者は、無線製品を日本で販売・輸入するにあたり、技術基準への適合確認とともに必要な手続きを行っておく必要があります。

本セミナーでは、電波認証における要求事項や手続きについて、初めてご対応される方にも分かるように、申請プロセス、申請に必要な資料、試験サンプル、試験項目など基本的なところからご説明致します。




対象者:
  • 無線技術搭載製品の企画・設計・製造・販売に従事されている方
  • これから無線技術搭載製品を設計・製造・販売されようとされている方


内容:

  1. 技術基準適合証明制度
  2. 特定無線設備の種類
  3. 技術基準適合の証明方法/認証フロー
  4. 試験サンプル/試験項目
  5. 申請資料
  6. 工事設計認証合致義務

* 本コンテンツの知的所有権はULにあります。無断での転用配布・放送は禁止されています。
* 同業者様によるお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。
* 本セミナーは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。
* 本コンテンツの運営及び内容に関するお問合せは、こちらからお問合せください。
Small header, 6 words or less recommended

General single column text area spanning width of page with 500-character count sample length. Text may contain bullets, numbered lists, text links. Here is a great place to use our messaging framework. UL applies science and objective authority to help people navigate market risk and complexity, and advance the responsible development, production, marketing, and use of the world’s products and innovations.


  • Enhance sustainability
  • Build workplace excellence
  • Protect brand reputation
  • Advance societal well-being
  • Deliver quality and performance
  • Confirm conformance
  • Demonstrate safety
  • Manage transparency
  • Strengthen security
Feature call-out box text, 10 words/80 characters recommended