【オンデマンドセミナー】インドネシア電波法 申請フローと注意点

Download now

Post-form call-out, 6 words max recommended

インドネシアの電波法における申請手順と、現地試験、情報公開などに関する注意点についてご案内いたします。

(無料|動画:約10分)

無線機器をインドネシアへ出荷するには、当局の定める電波法の要求事項を満たし、認可を取得する必要があります。本セミナーでは、認可を取得するまでの申請フローと、申請時にご注意いただきたい点をピックアップし、ご案内いたします。


対象者:
・インドネシアを仕向け地として無線機能を搭載した製品を設計・製造される方
インドネシアを仕向け地として無線機能を搭載した製品を輸出される方
インドネシア電波法認証の基本的な流れを理解したい方


内容:  
  1. 概要と認証取得の流れ
  2. 申請手順
  3. その他注意点
公開: 2020/06/09




関連セミナー:



* 本コンテンツの知的所有権はULにあります。無断での転用配布・放送は禁止されています。
* 同業者様によるお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。
* 本コンテンツは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。
* 本コンテンツの運営及び内容に関するお問合せは、こちらからお問合せください。


Small header, 6 words or less recommended

General single column text area spanning width of page with 500-character count sample length. Text may contain bullets, numbered lists, text links. Here is a great place to use our messaging framework. UL applies science and objective authority to help people navigate market risk and complexity, and advance the responsible development, production, marketing, and use of the world’s products and innovations.


  • Enhance sustainability
  • Build workplace excellence
  • Protect brand reputation
  • Advance societal well-being
  • Deliver quality and performance
  • Confirm conformance
  • Demonstrate safety
  • Manage transparency
  • Strengthen security
Feature call-out box text, 10 words/80 characters recommended