【オンデマンドセミナー】5Gにおける人体曝露評価

Download now

Post-form call-out, 6 words max recommended

SARと電力密度測定について詳しく解説します。

(無料|動画時間:約45分)

近年、5G搭載スマートフォンの販売、ローカル5Gサービスの開始、2020年3月以降大手キャリアが順次商用サービスを開始する予定など、次世代通信規格である5Gのサービスが本格化しつつあります。5Gは、超高速・超低遅延・多数同時接続を特徴とし、自動車の自動運転、工場のスマート化、エンターテインメント分野のアクティブ化など、いわゆるIoT促進の要です。従来から通信を運用していた分野にとどまらず、新たな分野、サービスへの拡充そして革新が大きく期待されています。

しかし一方では5Gの人体への影響も懸念されており、スマートフォン、ノートパソコン、GPSトラッカーなどの通信機器が発する電磁波が人体に悪影響を及ぼすかどうかを確認する人体曝露試験がますます重要となっています。日本をはじめ世界各国において、ポータブル無線機器を対象に、人体曝露試験の要求が高まっており、今後の5G普及において5G向け人体曝露試験は避けては通れない試験となります。

本セミナーでは、SARに加え、5Gのミリ波対応で必要となる電力密度測定等について解説し、さらに、弊社がご提供する試験サービスについてご紹介します。 お客様の5G搭載製品の市場投入に向けて一助となれば幸いです。



対象者:
  • 現在5G搭載製品を企画、開発中の方
  • これから5Gを搭載した製品やサービスの企画、開発、製造、販売を検討されている方
  • 人体曝露評価について理解を深めたい方


内容:

  1. 5Gの概要、動向
  2. 人体曝露とは
  3. SARの概要
  4. 5Gの曝露評価(試験の様子を動画を交えて解説します)
  5. 各国の法規
  6. ULがご提供する試験サービス

* 本コンテンツの知的所有権はULにあります。無断での転用配布・放送は禁止されています。
* 同業者様によるお申込みはお断りさせて頂く場合がございます。ご了承ください。
* 本コンテンツは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。
* 本コンテンツの運営及び内容に関するお問合せは、こちらからお問合せください。
* ご登録いただきましたメールアドレスに関連情報等を配信させていただくことがありますが、不要であればいつでも配信停止いただけますのでご安心ください。
Small header, 6 words or less recommended

General single column text area spanning width of page with 500-character count sample length. Text may contain bullets, numbered lists, text links. Here is a great place to use our messaging framework. UL applies science and objective authority to help people navigate market risk and complexity, and advance the responsible development, production, marketing, and use of the world’s products and innovations.


  • Enhance sustainability
  • Build workplace excellence
  • Protect brand reputation
  • Advance societal well-being
  • Deliver quality and performance
  • Confirm conformance
  • Demonstrate safety
  • Manage transparency
  • Strengthen security
Feature call-out box text, 10 words/80 characters recommended